ホームエクササイズの大切さ

ホームエクササイズ

セッションを通して、「動きたいように動けるカラダ」づくりをサポートし、「なりたい自分」になり、楽しくワクワクした日々へナビゲートするパーソナルトレーナーの小林裕矢です。

現在は、都内整形外科にてアスレティックトレーナーとして運動指導を行っています。

 

皆さん、パーソナルトレーニングや治療を受けた際に、

ご自宅で行うエクササイズを処方された経験ありませんか?

ご自宅で行うエクササイズが「ホームエクササイズ」です。

現在整形外科のリハビリ室で運動指導を行っていますが、

必ず、「宿題=ホームエクササイズ」を指導しています。

自身で行うコンディショニングとしては、このホームエクササイズは効果大です。

ホームエクササイズとは

冒頭でも説明したように、自宅で行うエクササイズ(宿題)のことである。

前回の投稿の中で

「トレーニング以外の時間が大切である」ということを伝えましたが、

その時間の中で、このホームエクササイズを行うのです。

トレーナーが指導するホームエクササイズは、

トレーニングや治療の効果を持続させる為に必要なエクササイズを選択しています。

 

5分でも良いので、毎日取り組むと効果が現れます。

トレーニング以外の時間=167時間の中の1日5分だとしても1週間で35分。

そんなに多くないですよね。

 

テレビや雑誌の情報をそのまま行うのはご注意

最近、テレビや雑誌で健康に関する多くの情報が発信されています。

患者さんから、

「先日○○(疾患名)について、特集やっていて、今このエクササイズやっています」とか

「テレビで紹介されていたエクササイズをやっています」と聞くことが多いです。

その情報を鵜呑みにして行い、状態があまり変化されていない方が多い。(自分が指導したエクササイズは実施していません 😥 )

紹介されているエクササイズが悪いというわけではありません。

その人にとって、それが効果的なエクササイズではないということです。

疾患名が同じだから、効果があるというわけではなく、人のカラダは個人で違うので

効果のあるエクササイズも変わってきます。

 

まとめ

トレーナーはトレーニング指導によって、動きやすいカラダへ導いていきます。

その場で改善されたとしても、何もしなければ、元に戻ってしまう。

そこで重要なのが、「ホームエクササイズ」

プラス、患者・お客様の「協力」が必要。

「協力」というのは、「積極的に取り組んでもらう」と言うことです。

そんなに時間取れないよと言う人もいるかもしれませんが、

「できない」理由ではなく、「できる」方法を一緒に探しましょう。

それが、

動きたいように動けるカラダを手にし、なりたい自分へのONE STEPです!!

 

楽しく、ワクワクした1日でありますように。

小林裕矢

 

※なりたい自分へ向かう1歩を踏み出してみませんか。

パーソナルトレーニングに興味を持った方は、下記のお問い合わせフォームにご記入の上、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ