大切なのはパーソナルトレーニング以外の時間

34726884 - fitness, sport, training, gym and lifestyle concept - group of women working out in gym
パーソナルトレーニング

都内整形外科でアスレティックトレーナーとして、運動指導を行っています小林裕矢です。

 

治療やリハビリ、トレーニングを受けたことで満足されていませんか。

その時は気持ちが良いが、すぐに元に戻ってしまうという経験はされていませんか。

カラダが変化する過程は、人によって違うので効果が現れるタイミングも様々です。

今日お話しすることを少し意識すると、今受けているものの効果が変わるかもしれません。

ぜひ参考にしてください。

 

痛みの原因は日常の動作にあり

慢性的な痛みは、ほぼ日常の動作のくせや姿勢によるものが多いです。

治療やリハビリ、トレーニングを受けたとしても、日常の動作のくせや姿勢が改善されないと、

痛みはなかなか改善することができない。

そうなると、日常の動作のくせや姿勢を修正する必要がありますよね。

 

トレーニングや治療以外の時間が大切

これは、トレーニングや治療の際に、自分が必ず患者さんに伝えていることです。

トレーニングや治療を受けるのも日常の一部だと思いますが、ここで考えてみてください。

そのトレーニングや治療を受けている時間は、短くても20分から長くて90分くらいですよね。

そうすると、それ以外の時間となると、1日は24時間ですので、残り23時間弱と、

次回が1週間後だとプラス144時間の合わせて167時間くらいがありますよね。

 

その時間、何もしないとなると、どうですか?

上で述べたように、今までの動作や姿勢での生活になりますよね。

トレーニングや治療の効果が、薄れていく可能性もあります。

 

まとめ

トレーニングや治療の効果を維持するには、トレーニングや治療以外の時間を

どう過ごすかがポイントになります。

皆さん、今までを思い返してみて下さい。

皆さんはどう過ごしていましたか。

今日お伝えした事を少し意識して、行動に変えてみてください。

ちょっとの時間でも良いので、トレーナーに言われたことを行ってみてください。

違う自分のカラダに出会いますよ。

それが、動きたいように動ける身体をつくる、ONE STEPにもなります。

 

楽しく、ワクワクした1日でありますように。

小林裕矢

 

※なりたい自分へ向かう1歩を踏み出してみませんか。

パーソナルトレーニングに興味を持った方は、下記のお問い合わせフォームにご記入の上、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ